元就死後の毛利氏の戦い その4

  • 講 師 : 光成 準治( 九州大学大学院特別研究者 ) 
  • 日 時 : 月曜日  13:30 ~ 15:00
  • 会 場 : 上幟教室 ( 広島市中区上幟町10-15-201 畠田ビル 2F )
  • 定 員 : 15 名
  • 受講料 : 全12回 20,000 円 / 各回 1,800 円
日 程 内 容
第1回 2月 3日 (月) 九州国衆一揆との合戦(福岡県、熊本県) Vs 筑後・肥後国衆
第2回 3月 2日 (月) 関東平定(神奈川県、静岡県) Vs 後北条氏
第3回 3月30日 (月) 文禄の役前半(朝鮮半島) Vs 朝鮮軍
第4回 4月13日 (月) 文禄の役後半・碧蹄館の戦いなど(朝鮮半島) Vs 明・朝鮮軍
第5回 5月11日 (月) 慶長の役前半(韓国) Vs 朝鮮軍
第6回 6月 8日 (月) 慶長の役後半・蔚山城の戦いなど(韓国) Vs 明・朝鮮軍
第7回 7月13日 (月) 関ヶ原前夜の合戦(三重県、滋賀県) Vs 富田氏、京極氏
第8回 8月31日 (月) 関ヶ原合戦(岐阜県) Vs 徳川氏など
第9回 9月14 日 (月) 関ヶ原合戦時の四国(愛媛県、徳島県) Vs 加藤氏、蜂須賀氏
第10回 10月12日 (月) 大坂冬の陣(大阪府) Vs 豊臣氏
第11回 11月 9日 (月) 大坂夏の陣(大阪府) Vs 豊臣氏
第12回 12月14日 (月) 島原の乱(長崎県) Vs 一揆(キリシタン)勢

講座の趣旨

豊臣政権に服属した毛利氏は、薩摩島津氏が降伏したのちも、豊臣秀吉の天下一統戦争に参加し、天下一統が成し遂げられた後には、朝鮮半島への侵攻の先兵となりました。

慶長3 年(1598)に豊臣秀吉が没すると、毛利輝元は五大老の一人として豊臣政権の運営に参画しますが、石田三成らと連携して徳川家康と対立するようになり、慶長5 年(1600)の関ヶ原合戦においては、西軍の総大将格となったため、戦後、周防・長門二国に減封され、広島から離れることとなりました。

その後の徳川政権下においても、大坂の陣において豊臣氏討伐に参加し、輝元の子毛利秀就期に勃発した島原の乱の終結まで、合戦は続きます。

本講座では、秀吉による天下一統後、国外への侵略を経て、日本国内における内乱が一旦終結に至るまでの毛利氏の動向を、毛利氏が参戦した合戦を中心に追っていきます。

講義内容チラシ「元就死後の毛利氏の戦い その4」をみる (PDF)

講師紹介

光成 準治( みつなり じゅんじ )

1963年生まれ。 広島県で育つ。 九州大学大学院比較社会文化学府博士課程修了。博士(比較社会文化)。 現在、九州大学大学院特別研究者。主な著書 : 『毛利輝元~西国の儀任せ置かるの由候』 (ミネルヴァ書房、2016年)『関ヶ原前夜~西軍大名たちの戦い』 (KADOKAWA、2018 年)『九州の関ヶ原』 (戎光祥出版、2019年)『小早川隆景・秀秋~消え候わんとて光増すと申す』 (ミネルヴァ書房、2019年)