ビジネスで役立つマインドフルネス瞑想

  • 講 師 : 東 和空( 聴行庵 住職 ) 
  • 日 時 : 水曜日  19:00~20:30
  • 会 場 : 上幟教室 ( 広島市中区上幟町10-15-201 畠田ビル 2F )
  • 定 員 : 20名
  • 受講料 : 全8回 12,000円 / 各回 1,800円
日 程 内 容
第1回 5月15日 (水) 座学 ~マインドフルネスとは
第2回 5月29日 (水) 実践 ~準備と基本
第3回 6月12日 (水) 座学 ~マインドフルネスと意識
第4回 6月26日 (水) 実践 ~集中と拡散
第5回 7月10日 (水) 座学 ~マインドフルネスと問題解決
第6回 7月24日 (水) 実践 ~体得と継続
第7回 8月 7日 (水) 座学 ~マインドフルネスと人間関係
第8回 8月21日 (水) 実践 ~潜在意識と空観

講座の趣旨

マインドフルネスとは、「今、この瞬間」を大切にする生き方を体感することです。マインドフルネスの実践により、ストレスの軽減や集中力のアップ、自律神経の回復などの効果が実証され、グーグルやフェイスブック、インテルといった企業のほか、政府機関の研修でもマインドフルネスは取り入れられ注目されています。

一方、うつ病や不安障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神疾患の治療に適用されることがあります。マインドフルネス瞑想は、リラックス状態に移行すると、自律神経が整うことにより、副交感神経が優位となり、自然と体のストレスが軽減されます。また、日々の習慣化により、心の広がりやつながりを感じるようになると言われています。他者と接する際にも、相手の話す内容や心情も寄り添い、受け止めることができるようになるため、思いやりを持って接することができ、人間関係の円滑化にもつながります。

この講座では、受講生がまずその点をしっかり体感し、そしてマインドフルネスの体質を作ることで、ビジネスにも活かせるしなやかでありのままを観る智恵と人間関係の回復力を身につけるようにしたいと思います。全8 回の講義は座学と実践を交互に組合わせて体得の積上げの時間にしたいと思います。 企業や団体で働く社員や職員、管理職の方々のご参加をお待ちしています。

講義内容チラシ「ビジネスで役立つマインドフルネス瞑想」をみる (PDF)

講師紹介

東 和空 ( ひがし わこう )

聴行庵 住職。 1964年下関市生まれ。 国立宇部高専卒。会社員、代議士秘書、カンボジアNGO 理事を経て、天台宗比叡山延暦寺にて授戒得度、伝法灌頂を受けて僧「傾聴広島」主宰、全日本大学開放推進機構会員、兵庫大学エクステンションカレッジ講師、コミュニティ・アカデミー上幟講師「「般若心経」の世界から学ぶセルフケア」(2017年秋期)「民間信仰から学ぶやさしい人間関係」(2018年春期)「ビジネスで役立つ傾聴講座」(2019年秋期)の講座を担当、セルフケアに関する社員研修や講演多数。