傾聴ボランティア養成講座(その2)

  • 講 師 : 白浜 満( カトリック広島教区司教 )
  • 日 時 : 土曜日  13:30 ~ 15:00
  • 会 場 : 上幟教室 ( 広島市中区上幟町10-15-201 畠田ビル 2F )
  • 定 員 : 30 名
  • 受講料 : 全6回 6,000 円( 学生料金 3,000 円 )
日 程 内 容
第 1 講 11月 18日(土) 人間の「スピリチュアル」という側面
第 2 講 1月 13日(土) 人間を「苦しみ」からの救う神の計画 (ボランティア)
第 3 講 2月 10日(土) 人間の成長に同伴する神の働き (教会・秘跡)
第 4 講 3月 10日(土) 人間の成長に奉仕する傾聴 (相手の心に寄り添う)
第 5 回 4 月 14日(土) キリストのまなざし (レポート提出日)
第 6 回 4 月 21日(土) 永遠の救い (修了証授与日)

講座の趣旨

2017年春期の「傾聴ボランティア養成講座」について、受講生や講師陣や関係者から、これで終わるのではなく、なんらかの形で継続して欲しいという要望を受けました。企画する者としては、春期の講義で使われた「ボランティア」、「相手の心に寄り添う」、「苦しみ」、「スピリチュアル」などといった言葉が傾聴活動のポイントとなる言葉であると学びました。このことを含めて、もう少し深く学ぶ必要があると思い、神学者の白浜満司教に相談しましたところ、身近にボランティアができる「傾聴活動はこれから益々大事です」と言って、講義をご快諾いただきました。

「傾聴ボランティア」を成り立たたせるキリスト教の思想について、神学者から直接お話を聞き、自由な質疑を通して実践力を養うことは有意義であると思っています。春期の講座を修了された方だけでなく、「傾聴」に関心のある人もどうぞご参加下さい。 (香川正弘)

講義内容チラシ「傾聴ボランティア養成講座(その2)」をみる (PDF)

講師紹介

アレキシオ 白浜 満 ( あれきしお しらはま みつる )

1962年、長崎県生まれ。1990年3月、カトリック浦上教会で司祭叙階、同年8月よりカナダ・モントリオール大神学校でフランス語研修。1993年、サン・スルピス司祭会カナダ管区に入会、1993-95年、パリ・カトリック学院典礼高等研究所典礼学・秘跡神学専攻修士課程修了。1995年より福岡サン・スルピス大神学院・養成者、2012年より日本カトリック神学院・院長。2016年9月19日、広島教区の司教叙階・着座。現住所、カトリック幟町教会司教館。司教紋章のモット―はOMNIA PROPTER EVANGELIUM=「福音のためならどんなことでも」。著書『わかりやすいミサと聖体の本』女子パウロ会、2007年他。