幻想文学の魅力に迫る

  • 講 師 : 坂根 俊英 ( 県立広島大学名誉教授 )
  • 日 時 : 火曜日  13:30 ~ 15:00
  • 会 場 : 上幟教室( 広島市中区上幟町10-15-201 畠田ビル 2F )
  • 定 員 : 30 名
  • 受講料 : 公開講義 500円 ・ 講座 12,000 円(学生6,000 円)
日 程 内 容
公開講義 10月 17日 (火) 作品をどう読むか
文学の力とその魅力
第 1 講 10月 31日 (火) 泉鏡花の「高野聖」を読む
なぜ青年・僧の命は助かったのか
第 2 講 11月 7日 (火) 萩原朔太郎の幻想詩
亡き恋人の魂を求めて
第 3 講 11月 21日 (火) 賢治童話の幻想世界
死に至る汽車の旅
第 4 講 12月 5日 (火) 梶井基次郎の幻視
ドッペルゲンガーを見た男
第 5 講 12月 12日 (火) 太宰治の昔ばなし
「お伽草紙」「魚服記」など
第 6 講 2018年 1月 9日 (火) 坂口安吾の怪奇小説
桜の花は怖ろしい

講座の趣旨

小説や詩などの文学作品を私たちはどのように読めば、その作品の魅力を深く味わうことができるのでしょうか。

この講座では、写実的なリアリズム系統の作品ではなく、現実を超えた幻想的な要素を含む近代文学を特にとりあげて、読解のまな板にのせます。そして、その作品をどのように読み解いていけば、その作品がはらんでいる深い魅力に迫ることができるか、読者の皆さんとともに考えていきたいと思っています。

どの作品も読んでわくわくするような面白さに満ちており、深く味わえば味わうほどその魅力に心が惹きつけられていきます。作品の自由な読み方も許容しながら、思いがけない新鮮な解釈もお示しできたらいいなと考えています。どうぞお越しくださいませ。

講義内容チラシ「幻想文学の魅力に迫る」をみる (PDF)

講師紹介

坂根 俊英 ( さかね としひで )

1944年、山口県生まれ。広島大学大学院文学研究科修士課程修了。尾道短期大学、県立広島大学(2009年3月まで)教授、専門は「日本近代文学」。現在、県立広島大学名誉教授。 日本近代文学会、日本社会文学会の会員。主要著作、『萩原朔太郎 -詩の光芒―』渓水社(1997年刊)等。