フランス語の起こり

  • 講 師 : 原野 昇 ( 広島大学 名誉教授 )
  • 日 時 : 水曜日 13:30 ~ 15:00
  • 会 場 : 上幟教室( 広島市中区上幟町10-15-201 畠田ビル 2F )
  • 定 員 : 30 名
  • 受講料 : 各回 2,000 円
日 程 内 容
第 1 講 10 月 18 日(水) ケルト人世界以前
第 2 講 11月 1日 (水) ケルト人世界
第 3 講 11月 15日(水) ローマ人世界 ( 1 )
第 4 講 11月 29日(水) ローマ人世界 ( 2 )
第 5 講 12月 13日(水) ゲルマン人世界
第 6 講 1月 17日(水) フランス語最古の文献

講座の趣旨

フランス語の起こりを学ぶことは、フランスの起こりを学ぶことであり、それは英語(イギリス)、ドイツ語(ドイツ)、etc.の起こり、すなわちヨーロッパの起こりを学ぶことにつながるとともに、日本語(日本)を見直すことにもつながります。

[ 参考書 ] 
ショーラン『フランス語史』(白水社)、セルキリーニ『フランス語の誕生』(白水社)、リカード『フランス語史を学ぶ人のために』(世界思想社)

講義内容チラシ「フランス語の起こり」をみる (PDF)

講師紹介

原野 昇( はらの のぼる )

1943 年生まれ。広島大学大学院文学研究科博士課程中退、文学博士(パリ大学)。広島大学名誉教授。著書:『狐物語』(岩波文庫 共訳)、『芸術のトポス』(岩波書店、共著)、『フランス中世文学を学ぶ人のために』(世界思想社 編著)、『フランス中世文学名作選』(白水社 共編訳)他。

原野昇のホームページ  home.hiroshima-u.ac.jp/nharano/ (外部サイト)