健やかに老いるための知恵、ミニコンサート:ナポリ民謡他

  • 講演者 : 原田 康夫 (元広島大学学長、医学博士、テノール歌手)
  • 日 時 : 平成28年 5月 5日(木・祝日) 18:00-20:00
  • 会 場 : アステールプラザ 2F 多目的スタジオ (広島市中区加古町4-17)
  • 内 容 : 講義90分、ミニコンサート:ナポリ民謡他 (歌唱 原田康夫・ピアノ伴奏 新宅雅和)
  • 定 員 : 200名
  • 受講料 : 2,000円

アステールプラザへのアクセス情報(外部サイト)

講演の趣旨

人は誰でも老いる。年をとってみなければわからないことが多い。私は今年85歳になるが、50歳の時から用意し、心がけてきたことがある。それは毎朝6時から始まる。朝のラジオ番組、基礎英語1、2、3で起床の用意をする。ケン東山のラジオ番組で屋上のゴルフネットで130球のゴルフボールを打ち始め、ドイツ語、スペイン語まで40分くらいを過ごして30年以上になる。趣味の音楽はオペラでもNHKのステージに始まり62年になる。本日はいかに自分の健康を保ち、私の趣味を楽しみ、老いをその都度楽しみ、人生をまっとうするかのお話をしよう。

単独チラシ「健やかに老いるための知恵」をみる (PDF)

講演者紹介

原田 康夫 (はらだ・やすお)

昭和6年, 広島県生まれ。イタリア留学中、ミラノ・ヴェルディ音楽院でオペラを学ぶ。「椿姫」「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」の主役を演じた。同医学部附属病院長、同医学部長を経て、平成5年第10代広島大学長に就任。バラニーゴールドメダル受賞(スウェーデン)、平成18年コンメンダトーレ勲章受章(イタリア)、平成21年端宝重光賞受賞、平成23年UNBERTOMASTOROIANNI国際芸術賞(イタリア)など。